お知らせ内容をここに入力してください。 ボタン

認証について

ACCSJ 認証制度

ACCSJ認証は面会交流支援団体の適正を示します

ACCSJ認証は,「ACCSJ面会交流支援における原則と基準」(以下,ACCSJ基準)を,認証を受ける団体が満たしていることをACCSJが確認し公示するものです。

現在のACCS認証を受けた団体一覧は,こちらです

面会交流支援の共通の理解と基準を示します

ACCSJ基準は,日本における多様な支援団体の実態に則した基準となるよう,面会交流支援の共通の理解と⽀援団体が遵守すべきミニマムの基準を⽰しています。ACCSJは,あわせて,よりよい支援を実現するためのガイドラインや研修プログラムを整備しています。ACCSJガイドラインは,日本の支援団体の協力のもとで作成しており,ACCSJ基準に即したモデルとして提示するものです。認証の基準そのものではありません。一方で,ACCSJが提供する研修プログラムの一部の受講は,認証を受ける要件となっています。

子どもや利用者の安心と面会交流の安全を第一に考えます

「面会交流は子どものためにある」ことを共通の理解とします。子どもが安心して面会交流をすることができる支援を実現するためには,安全確保のための事前の準備と確認がかかせません。そのため,ACCSJ基準では,利用者の遵守事項の設定や事前面談を求めています。また,利用者が安心して支援団体を選ぶことができるように,各団体が整備すべき体制や規則等について示しています。

ACCSJ認証の必要性について

子どもたちが安全に,安心して面会交流を行えるよう,付添い,受渡し等の方法で親子を支援する第三者機関(面会交流支援団体)が重要な役割を果たしています。
一方で,支援方法や安全基準,支援者の研修等は各団体に委ねられています。支援団体に求められるスキルや安全性に関する事項などが基準として設定され,その基準を満たしていることを確認できる制度があれば,当事者は安心して支援を受けることができます。
また,子の権利を保障し,子の福祉を実現するための面会交流支援に求められる基準が提示され,それを満たすことが示されていれば,各団体に対して公的な財政的支援を行うことについて,社会的理解も得られやすくなります。加えて,新しく支援を開始しようとする団体にとって,上述のような基準があり,研修が提供されるなど,既存の団体が構築してきたスキルやノウハウを共有できる仕組みがあれば,安心して団体を立ち上げ,スムーズに支援を開始することができます。そして,現在,支援団体のない地域が多くあるところ,支援団体の全国展開が可能になります。
ACCSJは,以上の趣旨から,面会交流支援団体の適性を示す基準を作成し,その基準を満たす団体を認証して示します。ACCSJ認証を受けるためには,ACCSJ会員になっていただく必要があります。ACCSJ認証制度の意義についてご理解いただき,ACCSJ会員への入会やACCSJ認証の申請をご検討くださいますよう,よろしくお願い申し上げます。
*ACCSJの基本方針について,「一般社団法人面会交流支援全国協会基本方針」(2021年9月2日)pdf を確認してください。

「ACCSJ認証ガイドブック」はこちら pdf

ACCSJ認証委員会

 認証の適否を判断する各ACCSJ認証委員会は3名の委員で構成されます。ACCSJ認証委員は,ACCSJスタッフではなく,面会交流支援の実績と経験の豊富な支援者,法曹や臨床心理士・公認心理師等の実務家,法学や心理学等の専門家が,ACCSJの委嘱を受けて委員となります。ACCSJ認証委員は,ACCSJの基本方針を理解し,ACCSJ基準に基づいてその適否を判断しますが,独立した委員としてその判断を行います。

ACCSJ認証に必要な項目

ACCSJ認証を受けるためには,下記を満たす必要があります。

  1. ACCSJ正会員であること
  2. ACCSJ認証申請の登録
  3. 認証申請費用の支払い
  4. 関係書類の提出
    団体内規定や利用契約書等によりACCSJ基準を満たすかを判断します
  5. ACCSJ研修プログラムの受講
    認証に必要とされる研修プログラム全部の受講が必要となります。
  6. ACCSJ認証委員会の面談
    提出された関係書類が実質的なものか,
    その他,ACCSJ基準を満たすことについてACCSJ認証委員会が面談をして確認します。

ACCSJ認証の手続きについて

STEP
認証申込の登録

認証申込登録フォームに必要事項を記載して申込みを登録します。

STEP
必要書類・研修受講案内の受領

ACCSJ運営事務局より,登録の際に記入いただいたEメールに,必要書類や研修プログラム,認証費用の支払い方法等についての情報が送付されます。

STEP
認証費用の支払い

認証費用を指定の方法で支払います。認証費用の入金がACCSJ事務局で確認された時点で,認証申請の登録がなされたものとみなされます。

STEP
必要書類の提出・必須ACCSJ研修プログラムの受講

ACCSJ基準を満たしているかどうかは,申請団体が整備する諸規定や利用契約ひな型等により確認します。そのため,それらに該当する書類を整備して提出します。必要書類の整備では,ACCSJ基準を満たすように,ACCSJ運用事務局が助言を行い,書類を確認します。書類がACCSJ基準を満たすことを確認した後に,必要書類の提出を完了します。

STEP
ACCSJ認証委員会のWeb面談

ACCSJ認証委員会のWeb面談(Web会議システムを使用)を実施します。面談では,申請団体の理念や提出された書類についての確認や支援体制,支援実績などについて確認をします。

STEP
ACCSJ認証委員会による認証判定

ACCSJ認証の基準を満たすかどうかを,ACCSJ認証委員会が判定します。

STEP
ACCSJ認証結果の通知・ACCSJ認証証書の交付

ACCSJ認証委員会の認証結果を通知します。ACCSJ認証を受けた団体および個人は,当該認証が有効である期間,ACCSJ認証マークを,認証済みを示す目的で使用することができます。

認証についてのFQA

ACCSJ認証を受けるメリットは何でしょうか。

 ACCSJ基準には,子どもを含めた関係者全員の安全・安心を確保するための体制や事前の手続きの整備などを求めています。同時に,面会交流支援を提供する団体や個人が,支援事業をする際に,求められている法的対応をしていることを求めています。そのような基準を満たしていることをACCSJが確認することで,利用者となる家族は,安心して認証を受けた支援団体の支援を考えることができます

ACCSJ認証を受けるためには,ACCSJ会員にならないといけないのですか

 ACCSJ認証を受けることができるのは,ACCSJ会員のみです。ACCSJの基本方針に賛同することが前提となります。

認証費が免除される初年度キャンペーン特例があると聞きました。どのような特例なのでしょうか。

 初年度特例は,2023年12⽉までに認証申請の登録をした団体·個人が認証申請費用(5万円)の免除を受けることができるというものです。ACCSJ入会金は必要となりますが(年会費は入会の次年度からとなります),ぜひ,この機会に認証申請を検討してください。

ACCSJ認証を受けていることは,どのように確認できるのでしょうか。また,どのように示すことができるのでしょうか。

 ACCSJ認証番号とACCSJ認証済みマークが発行されます。認証団体のパンフレットやHPなど,掲載することができます。また,ACCSJのHPに,認証団体について団体の紹介とともに掲載されます。

ACCSJ基準を満たすか不安です。どのように確認すればよいでしょうか

 ACCSJ認証手続きで,ACCSJ事務局が,申請団体と一緒に基準を満たすかを確認する作業をサポートします。そのサポートは,Web会議システムを使用するほか,メールや電話などを用います。ACCSJ事務局のサポートは,ACCSJ認証費用に含まれますので,追加の料金が発生する問題はありません。

これから面会交流支援を行おうと考えています。そのような団体はACCSJ認証を受けることができないのでしょうか

 れから面会交流支援を行うことを計画している団体·個人も,ACCSJ認証登録を申請することができます。ACCSJ事務局は,面会交流支援を行うための体制作りをサポートします。面会交流支援経験がない団体·個人には,面会交流支援の実地研修をACCSJは提供しています。