本文へスキップ

一般社団法人 面会交流支援全国協会

公開情報information



情報公開,ウェブサイトについて

面会交流支援全国協会(ACCS Japan)では,公開する情報を本ウェブサイトにおいて掲載します。また,一般に向けた情報提供および団体の活動について,本ウェブサイトの活用して情報発信することに努めます。


  

団体の構成と活動方針について

ACCS Japanは,一般社団法人として活動を開始しました。将来的に,公益認定を受け,公益社団法人となることを目指します。

ACCS Japanは,理事会設置法人です。



団体の種類・名称

一般社団法人として活動を開始し、公益社団法人を目指します。

 名称:面会交流支援全国協会 <ACCS Japan>
 英語名:Association of Child Contact Support, Japan



目的と活動内容

子どものための面会交流の実現にむけて,面会交流支援のあり方を提示し,面会交流の支援団体の適正を示す基準と認証制度を提供することを目的として、下記の活動を行う。

@ 面会交流支援団体の適正を示す基準を設置し,それを満たす団体に認証を与えることに関連する活動
A 面会交流支援に関連する研修プログラムの提供
B 子どもの権利を実現するための当事者(家族)支援のあり方に関する調査研究およびその成果の公表
C 子どもの権利を実現するための面会交流を普及させるための啓発活動および講演
D 上記@からCに関連するグッズや書物の販売



理事メンバー

 子の福祉に関する分野で働く方々によって、理事会は構成されます。設立時理事長、理事、監事は、次のメンバーです。

代表理事:二宮周平(立命館大学法学部教授)

理事:阿部裕(四谷ゆいクリニック院長)

理事:野口康彦(茨城大学人文社会学部教授)

理事:村本邦子(立命館大学人間科学研究科教授)

理事:榊原富士子(弁護士)

監事:松久和彦(近畿大学法学部教授)



メンバーシップのあり方

 面会交流支援を行う団体(認証を受ける団体を含む)は、協会メンバーとしてメンバーシップ料金を払って、協会の運営を支え、様々な支援を受けることができるようになる予定です。しかし、どの支援団体も、ボランティアベースで運営せざるを得ない状況にあります。そのため、公的資金による補助や法人や社会からの寄付を募るファンディングの強化に努める予定です。

メンバーシップ(予定):
・ 認証を受ける団体および個人
・ 面会交流支援を行う団体および個人
・ 認証者等の資格を受ける個人
・ 協会の趣旨に賛同する法人および個人